新宿の賃貸事務所の相場について

新宿の賃貸事務所探し、再開発地区が狙い目

新宿街 大学生の頃から、3年離れたITベンチャー企業に就職した先輩が、人脈とノーハウを身に付けて独立してIT社長になって成功した話を聞いていたので、自分もその影響でIT企業に勤めてから、起業してIT会社で成功することが夢でした。
就職氷河期でしたが、なんとか本命のITベンチャー企業に就職できて、残業が多くてかなり忙しい会社でしたが、ベンチャー企業という事もあり、かなり短時間で色々体験できて、大幅にスキルアップできました。
働いている時の同期入社の同僚や、取引相手の会社で知り合った仲間4人で、ITベンチャー会社を起業する計画をたてて、入社して3年目で会社の仕事の合間に集まり仲間で賃貸事務所や賃貸オフィス探しを始めました。
勤めていたIT会社の周辺がいいと思ってオフィス賃貸物件を扱う地域の不動産会社で、いい物件がないかを探しましたが、駅前の好立地の物件は広い物件が多くて賃料が高く、見つかりませんでした。
駅から多少離れていてもいいと思って探しましたが、IT関連企業の多い地域だったので、どの賃貸物件も予定していた賃料を大幅に上回っていていい物件が見つかりませんでした。
最悪、賃貸マンションの1室を借りて、事務所兼自宅も考えましたが、そうすると賃貸事務所のようにITのインフラが整ってないために、初期投資が掛かり、さらにインフラを設置にはマンションの管理組合から承諾をとる必要があるので、面倒くさいという理由で却下しました。
そこで目をつけたのが、新宿の賃貸事務所で、新しいオフィスの賃料相場は高いですが、新宿駅前でも古い雑居ビルには、賃料が比較的安いというブログの情報を聞いて不動産屋さんに行きました。
何件も不動産屋さんを回りましたが、そういった賃料が安い賃貸事務所は人気があって、みんな狙っているから出物がでても不動産屋に来る前に、すぐに借り手がついてしまうと教えてくれました。
何件か回った不動産屋さんの中に、再開発が進んでいる地域が新宿地区にも数カ所あるので、そこの近辺で探せば新しいビルが沢山建設されているので交通アクセスが良くて、賃料相場も安めなので探してみるようにすすめてくれました。

新宿の賃貸事務所の相場は高かったけれども

空

地方でほそぼそと事業をしていたのですが、運良く大きく成長をすることができたので東京に進出をすることにしました。
わざわざ東京に進出をする必要もなかったのですが、更なるビジネスチャンスの獲得と東京で一旗揚げたいという気持ちがあったので無理をして東京に出ていくことにしたのです。
駄目だったらまた地元に戻って一から出直せばいいと考えて出てきたわけですが、東京というのは賃貸の相場も桁違いに高くて驚いてしまいました。

それでも場所によりけりなので、東京のハズレの方であれば地元とそこまで変わらないぐらいの物件も多くあったのですが、
新宿ともなると目玉も飛び出るぐらいに高い物件があって、賃貸事務所を借りるのは難しいかなと思ってしまいました。
これだったら東京進出など夢のまた夢で無理な話だったのだろうかと、目論見の甘さに後悔をしていたところだったのですが、
探してみると新宿であっても比較的安価で借りることができる物件というのはあるようだったため、この辺を当たってみるのも悪くないかなと感じました。

安いところは安いなりの理由があったわけですが、使いものにならないかというとそのようなことはなく、
多少の問題点に目をつぶれば十分に使えるという感じのところは多くありました。
多少問題があったとしても、新宿という地の利は大きいわけですからこのぐらいの金額であれば、
無理なくやっていくことができ東京でも成果を上げることができるのではと感じました。

相場は高いのですが物件の数は多いだけに安い物件も少なくはなく、探すのにそれほど苦労をすることはありませんでした。
むしろ、数が多いだけ絞り込むことができずに色々見て回るのが大変だったという苦労はありましたが、条件に合う物件を探すことに関しては大変ではありませんでした。
さすがに安くて全てがそろっているという物件はなかったので、
何を妥協しようか悩んでしまうところはありましたが思っていたよりも良さそうな賃貸事務所を見つけることができそうだったので、その点は希望が湧いてきました。
早い段階でほかが駄目ならここを借りようという候補もいくつか見つかりましたから、候補が全く見当たらないという事にならなかったのも良かったです。

時間ばかりもかけてはいられなかったので、ある程度候補がそろったところで決めることにしたわけですが、その段階ではどこを選んでも後悔をすることはなさそうかなという感じでした。
一長一短があるところばかりだったので、どの長所を優先するかで悩みましたが最終的には将来的に長く借り続けることができる場所を選ぶことにしました。
さすがに直ぐに移転をするようなことになっては負担が大きいので、多少出費が多くなってしまっても将来的に再度移転をする可能性が少ないところを選んだのです。
いよいよ、新宿で新たなスタートを切ることになったわけですが、最初はうまくいくか少し不安がありました。
人が多い分だけ競争も厳しいところはありましたが、人が多いアドバンテージというのは多く売上は地方にいた頃よりもかなり伸びることになりました。
出費も増えてはいましたがそれ以上に売上のほうが増えていたので、東京に出てきたかいというのは十分にあるものだったのです。
移転をする前まではわざわざ東京に進出してくる価値があるだろうか、
東京に出てみたいという気持ちで進出するのはただリスクが有るだけのことではないかと思っていたこともありましたが、
実際に成果を上げることができると多くの人が東京に出てきたがる理由がわかったような気がしました。
また、成功をすることができたのは事務所選びを上手くできたからという理由もあるので、しっかりとよく選んで決めたのは正解でした。

新宿の賃貸事務所探し、再開発地区が狙い目 /
シェアオフィスという選択肢